HMBサプリの飲み方は、トレーニング時間によって変えよう!

HMBは筋トレと一緒に摂取すると、より効果が実感出来ることを、真っ先に言っておきたいと思います。

HMBも筋トレも、目的はほぼ同じです。
だったら、HMBと筋トレの二つを掛け合わせれば、効果も倍増すると言う訳です。

そんなHMBですが、正しい飲み方をしていますか?

いくらHMBがいいと飲んでいても、間違った飲み方をしていては、意味がありません。
HMBの正しい飲み方を知っておきましょう。

1日に必要なHMBの摂取量は、3gです。

これを、1日3回に分けて飲みます。
つまり、1回につき1g摂取します。

HMBと筋トレをセットで行っている方は、トレーニングする日と、休息の日がありますよね。

また、トレーニングも、朝、昼、夜と、人によってはバラバラです。
その時々のHMBの理想的な飲み方をしていきましょう。

 

朝にトレーニングする人

 

  • 朝起きてすぐか、トレーニング30分前に1回
  • 昼食後に1回
  • 就寝前に1回

何故、トレーニング30分前がいいのか?

それは、トレーニング前にHMBを飲むことで、トレーニングしている時に、血液中のHMB濃度を、最大にすることが出来るからです。
トレーニング中に体内のHMB濃度が高いと、筋肉の分解を最小限に抑えてくれるのです。

何故、昼食後がいいのか?

それは、HMBはタンパク質に足りない成分を補う働きがあるので、食後が一番いいとされているのです。
また、食後は胃酸の分泌量が多くなるので、HMBの吸収効率が上がるからです。

 

昼にトレーニングする人

 

  • 朝起きてすぐに1回
  • トレーニング30分前に1回
  • 就寝前に1回

 

夜にトレーニングする人

 

  • 朝起きてすぐに1回
  • 昼食後に1回
  • トレーニング30分前に1回

ややこしくて覚えられない人は、
「1日に1gのHMBを3回に分けて5時間おきに飲む。」
と覚えておいて下さい。

もちろん、慣れてきたら、紹介した飲み方をすることを意識して、HMBと筋トレを行いましょう。

では、筋トレをしない日はどうすればいいのでしょうか?

筋トレをしない日でも、HMBは飲んで下さい。

HMBは、プロテインに足りない成分を補うのが役目です。
特に、タンパク質は、毎日摂取しなければならない成分でもあります。

 

筋トレをしない日

 

  • 朝起きてすぐに1回
  • 昼食後に1回
  • 夕食後または就寝前に1回
が適当です。

どうして、筋トレをしない日でも、HMBを飲まなければならないのか?
それは、筋肉量を増やすには、筋肉の合成が筋肉の分解を上回らなくてはなりません。

つまり、筋トレをお休みしている間は、筋肉の分解が進んでしまうので、それを抑制して、且つ、上回らなくてはいけないと言う訳です。

HMBは、それをサポートする役目を担っているのです。
ですから、トレーニングしない日にこそ、しっかりHMBは摂取して欲しい成分です。

もちろん、トレーニング中には、より効果を発揮してくれます。

筋トレをするには、HMBは最高で最強な相棒になってくれるものだと思います。

HMBの効果を最大限に引き出すためにも、正しい飲み方で取り入れてみてください。

コメントは受け付けていません。